BLOG

ブログ

すまほ能 : 能楽のアップデート

日本文化が好き、という人でも、能については興味が全くない人と熱狂的に好きな人に別れるような気がします。かくいう私もずっと前者だったのですが、最近能楽ファンの方と多くのご縁をいただき、やっと少し踏み込みつつあります。

いろいろな能の公演を見るようになって分かったのは、能は想像力の芸能だということ。舞台セットはなく、小道具もなく、あるのはただ演者と音楽のみ。音を聴き、動きを見て物語を捉え、謡を聞いて追いかける。なんというハイコンテクスト。だからわからない、着いていけないと一気に眠くなる。笑。逆にわかると一気に面白い。ああ、だから能楽好きはあんなにハマるのか、とやっと理解できてきました。

そんなハイコンテクストな能、舞台を見に行くと、観客はだいたい関係者か年配者。室町時代の芸を守り続ける素晴らしさはあれど、見ている人がこれじゃあもったいない。若い人や、能に興味のない人でも『ちょっと見てみたい』と思わせるにはどうしたらいいのか?その一つのチャレンジとして今スマートフォンで楽しむ「すまほ能」に取り組んでいます。

最新の180°マルチアングル映像を使って、能の舞台を自分の見たい視点から動き回って鑑賞できる新しい体験。スマホの縦型映像で見る立体的な能楽は新鮮です!普通は遠くからしか見れない能面をクローズアップで見たり、天井からの視点で舞台全体を見下ろしたり、今まで見たことのないエンターテイメントな能の世界が楽しめます。さらに画面上で解説や謡の歌詞が見れるので、話の内容がわからなくてもそれを見ながら鑑賞できます。(イヤホンガイドの字幕版のイメージです)

私自身能を見ると心地よくて寝てしまう不良能楽ファンですが、これなら寝る暇なく楽しめました。笑。2月12日公開予定。乞うご期待ください!

サンプルテキストサンプルテキスト。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。